<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

定期演奏会が二日目、ということは「森の情景」も二日目でした。

14時から再確認のリハーサルをやってからロビーコンサートに臨みました。

ご来場下さった皆さん、「シューマンの音」がしていたでしょうか?




定期本番終了後、チラシのチェックをしました。

5人共、かなり目は疲れていたのですが、5人で見たので大丈夫でしょう。

印刷に入ります。

楽しみです。



みずの
[PR]
by orchla | 2010-02-20 19:21 | 水野
定期、ロビコンともに1日目は無事(ですかね・・・)終了。

ロビーでの演奏って、無人での練習とお客様が入っての本番がすごく違うんですよ。
分かっていても本番始まるとびっくりします。

今日は、オケのゲネプロが終わってから練習しました。
明日はオケのゲネプロはなくなったのですが、Orchlaの練習はあります。

今日、いらっしゃった方もいらっしゃれなかった方も

明日、お待ちしています。




本プロの「ピアノ協奏曲」の後のピアニストが弾くアンコールが「森の情景」じゃなくて良かったね

と胸をなでおろすOrchla木管五重奏団のメンバーなのでした。
だって、恥ずかしいじゃないですか…


みずの
[PR]
by orchla | 2010-02-19 22:34 | 水野
c0226195_22115173.jpg

西沢くんの傍らにいらっしゃるのはSPC(仙台フィルハーモニークラブ)スタッフの渡辺せつさんです。

チラシ、プログラムのデザイン、印刷等をお願いしています。

近日中にチラシが出来ると思います。





明日は定期で、ロビーコンサートにも出演です。
今日も練習しました。

「森の情景」はピアノ曲、当然アレンジです。
最初に音を出した時は口を揃えて
「アレンジが悪い」
と言っていたのですが、練習を重ねると変わってきます。
考え方もですが、音も変わってきます。

つまり

最初はポロポロ間違えていた
のに
自分達の腕、初見能力を棚に上げてアレンジのせいにしていた
と、いうことになります。

しかし、今日は
「シューマンのサウンドがする」
という位に仕上がってきました。

A澤さんの発言ですが、この前向きさがOrchla木管五重奏団の特徴かもしれませんね。

「シューマンの音、と言っても木管五重奏オリジナルの曲はないじゃない?」
などとは言わずに、ぜひ定期を聴きに来て下さいね。

みずの
[PR]
by orchla | 2010-02-18 22:11 | 水野
Orchla木管五重奏団で出演する、開演前のロビーコンサートの曲目です。

仙台フィルハーモニー管弦楽団

第244回定期演奏会


2010年2月19日(金)18:40
2010年2月20日(土)14:40



仙台市青年文化センター・コンサートホール


シューマン

森の情景 op.82 より

「森の入り口」「孤独な花」「懐かしい風景」「別れ」


Orchla木管五重奏団

Fl 芦澤曉男
Ob 西沢澄博
Cl 日比野裕幸
Fg 水野一英
Hr 須田一之


定期演奏会のプログラムは下記のの通りです。

<オール・シューマン・プログラム>

「マンフレッド」序曲 作品115

ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
ピアノ:河村 尚子

交響曲第4番 ニ短調 作品120

指揮:山下 一史


全席指定:S:¥4,200 A:¥3,700 学生:¥2,100 Z:¥1,500


皆様のご来場をお待ち申し上げます。


みずの
[PR]
Orchla木管五重奏団、始動しました。

演奏会は

2010年5月9日

名取文化会館

です。


そうそう、次の仙台フィルの定期(オール・シューマン・プロ、2/19、20)における開演前のロビー・コンサートはOrchla木管五重奏団が出演することになりました。

マンフレッド序曲も交響曲第四番もキツいのですが、こうなりゃロビコンもドンと来い、ってなもんです。
5月の演奏会とは全く違う曲やります。


いずれも、詳細は後日書きますが、まずはご来場頂きたく思います。


みずの
[PR]
by orchla | 2010-02-11 01:12 | 水野